プロジェクトマネージャーの意外な業務とは

プロジェクトマネージャーとはその呼称の通り、プロジェクトをマネジメントする役割を担っている人のことで、一般的な言葉に置き換えるのであれば「リーダー」と呼ぶことができるだろう。しかし、そこに求められる役割は非常に重たいもので、その人のスキルや性格によってプロジェクトの進行や成否に大きな影響を与えるといっても過言ではない程だ。

マネージャーと言うと「調整役」と考える人も少なくないだろうが、実際それも間違いではない。しかし、プロジェクトマネージャーに求められる仕事には「育成」という業務が関わってくることが往々にしてある。と言うのも、一般的にマネージャークラスまで上り詰めた人は、様々な仕事の経験を積んだ中高年層であることが多くなる。

優秀なマネジメント能力を持っている人は、より難しい現場を任せておく傾向にあるため、一つのプロジェクトにいつまでも携わっていられることは珍しくなってしまう。そのような理由から、自分の後釜を継げるような後任を育てるという仕事が不可欠である。マネージャーとして上の立つには性格上不向きな人材である場合、より優れたエンジニア・スペシャリストとして成長させていくことも必要になる。単純に仕事を一から十まで指示するのではなく、時として部下に権限を渡していざと言う時まで口を出さないような環境を作る、今後の目標を決めさせてスキルを取らせる、といった育成業務もプロジェクトマネージャーの大切な業務と言えるのだ。

自分の後継を育成することができる高い意識をもつプロジェクトマネージャーが、現在企業に多く求められている。開発の成功を担う重要ポジションと言えるプロジェクトマネージャーは、人を育てるだけでなく自己成長にも注力し続けている。そして、将来の独立など可能性を新たに広げているのである。プロジェクトマネージャーの自己育成や活躍方法などが記載された情報はこちら⇒「プロジェクトマネージャー育成委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です