プロジェクトマネージャーが持つ育成の心得

大きな規模のコンピューターシステムの開発には、複数の開発スタッフが携わっている。彼らの開発業務を指揮する代表として、プロジェクトマネージャーが存在する。開発に携わる多くの技術者は、マネージャーがイメージするコンピューターシステムの実現のために業務に従事する。こうした上下関係が、開発現場にはある。

ただしプロジェクトマネージャーは、一方的に末端の技術者を使役するだけでは、仕事をこなしているとはいえない。開発スタッフの育成に力を入れることもまた、重要な仕事の一つである。技術者チームの開発力は、チームに属しているエンジニアそれぞれの技術力に関わってくる。チームの開発力強化のためには、それぞれの技術スタッフのレベルアップが欠かせない。技術者の育成を怠っていると、開発チームの技術力低下は避けられない。開発チームを率いる優秀なマネージャーは、日頃の開発業務を無難に進めるだけでなく、同時にスタッフのスキルアップ対策もこなしている。

そのようなマネージャーが指揮している開発チームは、確実に開発力を伸ばしている。プロジェクトマネージャーとしてのキャリアを目指し、その立場にようやく立ったなら、今度は人材を育てる心構えを持つ必要がある。手間をかけて育てたエンジニアたちが、開発プロジェクトの成功のために貢献してくれる日がいずれやってくる。日頃の人材育成の積み重ねの成果が実り、マネージャーとして大きな仕事がやり遂げられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です