プロジェクトマネージャーの育成方法

どの企業でもプロジェクトマネージャーの育成は大きな課題のひとつだ。中には経営トップ自らがその任命を行うほどに重要なポストであると言える。求人募集をかけても、なかなか思うような人材が集まらないのも現実である。となれば社内の人材を育てるしかないわけだ。

そのために抑えておくべきポイントは多くある。まずはプロジェクト遂行のために情熱を燃やせる意欲を持つことだ。これは一見技術とは関係ないように思えるが大切なことである。プロジェクトマネージャーが行う業務は数多くある。クライアントとの折衝やメンバーの管理、コスト管理に品質向上と実に様々なことを同時進行で行うのだ。そのために複数の問題を同時に抱えてしまうと、精神的にかなり負担がかかることになる。そこでどう踏み止まるかは、情熱にかかっているのだ。

最後まで諦めずにやり遂げる強い意志が、問題解決とプロジェクト遂行へと導くことになる。その強い精神力を鍛えることが、まず第一に必要なことだ。そしてあとは様々な技術を身につけることに移る。クライアントとのコミュニケーションやネゴシエーション能力、コスト管理の能力にメンバーを率いるリーダーシップがある。ここで大事なのは、プロジェクト遂行のために邁進するメンバーのモチベーションだ。

それをどう引き出すのか、メンバー1人ひとりに心配りができるようにすることが重要である。さらに高い品質を追求するためにメンバーを率いるリーダーシップを鍛えることも大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です