職場で開発支援のプロジェクトマネージャー

コンピューター開発の現場では、プログラマーやシステムエンジニアといった開発者が活躍しています。その中で、プロジェクトマネージャーの存在は意外と目立たないものである。しかしマネージャーは、開発プロジェクトを進めるための重要な役割を持っている。潤滑に開発が進むのも、マネージャーの存在あってこそである。プロジェクトマネージャーの職場での役割は、開発プロジェクトの計画を立て、編成を行う事である。

開発力を持った人員を集めると共に人材の育成を担う。スタッフ育成は、マネージャーが行う重要な仕事の一つである。また開発プロジェクトが滞りなく進むよう、計画全体の管理の役割を果たす。そのためマネージャーは、前面に立って仕事をするというよりも、プログラマーやシステムエンジニアたちを支援する性質が強い。彼らが開発業務に専念できるよう、環境を整える。またプロジェクトマネージャーは、ここぞという時にリーダーシップを発揮する。

開発が佳境に入ったとき、開発スタッフのモチベーションはどうしても下がってしまう。そのような場面で、開発スタッフを鼓舞して元気つけるのは、マネージャーの役割である。仕事ができるマネージャーがいると、プログラマーやシステムエンジニアたちは、最大限の力を仕事で発揮できる。開発がスムーズに進み、良い成果が出てくる。陰から開発をサポートしつつ、必要な時にはリーダーシップが取れるマネージャーが、開発の職場で活躍している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です