プロジェクトマネージャーの育成について

システム構築を行うためには、作業管理を行うプロジェクトマネージャーが必要である。アメリカでは独立して活動する人材が多く、その育成にも力を入れているが、日本ではまだそのような土壌が育っていないのが実情である。そこでプロジェクトを統括するマネージャーをどのようにして育成すればよいのかを把握して、社内で育てることが必要である。

プロジェクトに関わるマネージャーには様々なスキルが求められることになる。大事なことは、コスト管理と納期の厳守、そして高い品質の確保だ。これを行うためにさらに細かく見ていくと、まずコスト管理はいかに無駄な作業を無くすかを考えることになる。そこで必要なのは、クライアントとのコミュニケーション能力だ。求められる機能がどのようなものか、それを実現するためにはどんな操作性やアウトプットが必要かを考えることになる。この設計が上手くいかなければ、完成後に手直しをするなどの無駄なコストが発生するわけだ。そしてこの無駄を省くことによって納期を守ることにつながる。品質に関しても求められるものを的確に聞き出すことによって高めることになる。

そしてプロジェクトがスタートしたら、工程の管理やメンバーの目標に向けてのモチベーションを高めるための動機づけが必要となる。さらにリスク管理も行い不慮の事態に備える能力も求められる。このようなスキルをどう培っていくのかが、優秀なプロジェクトマネージャーを育成する鍵となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です